スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのアトリエ!そして煙草


やっぱり俺は絵を描かないとな~!
と言うことで、仕事から解放されて久しぶりにアトリエに来た!
来年からまた思いっきり製作を始めるために!
で、煙草を買ってきた!

なんと10年ぶりの煙草。
煙草屋に入るのも10年ぶり!
で、何を吸おうかと探したところ、
あったあった!こんな格好いいパッケージの煙草が!ゲバラに似ていると言われ続けて30年。ついにまたここで出会ってしまった!

10年ぶりに煙草をスッたった~( ̄▽ ̄;)
キツイ!
チョイとフラフラする。
煙が立ち上る感じが久しぶりだな~。
生きるということは、色々な定義があるが、俺は絵を描いてるときはいつも吸ってたから、絵=煙草=人生って感じで、製作には必要不可欠なものだった。
で、また思いっきり絵を描くために、
10年やめてた煙草を手にした。
また、やるのだな~。
辛いけど楽しい仕事を…。
さあ、まずはアトリエの掃除だ。
スポンサーサイト

大晦日に想うこと


いよいよ今年も終わりですね。
昨日の夕方に何とか仕事を終えて、今日はさすがにお休みです。
振り返れば、今年は本当に激しく動いた1年になりました。
2月に早稲田の演劇研究会の後輩が、不動産の仕事をしてみたいと言ってきたのと同時に、他社で不動産をやっていて、一度名刺を交換した営業マンがうちに面接に来ました。

それから、私が免停になったので一度運転手のバイト君を雇ったり(彼はいまドクターXに出ているらしい)しましたが、10月には5人の女性を雇うことになったのです。彼女たちは中々優秀で、色々と変わった物件を見つけては取材にいき、写真を撮って新しいホームページに記事を掲載する仕事をしてくれています。中には妊婦の女性もいるが、一生懸命大きなお腹を抱えて仕事をしてくれているんです。

いつの間にか増えたスタッフ達。

最近は、自分でも他に不動産屋を持っている女性も加わり、賑やかな職場になってきました。
そういうしているうちに、営業をやりたいという人も出てきて、体制もすこしづつ変わってきました。

で、またまたつい最近の話になりますが、すぐ近くに空きテナントが出たので飛び付いたんです!その写真がこちら。
今まで空中店舗でやっていたので、初めての路面店です。

つい3日前に賃貸契約をしたばかりですが、来年の2月6日にオープンすることになりました。(あ、その日の18時からオープニングパーティをしますので良かったらいらしてください。)
ですがあまり時間がないので、1月は大変です!

と、まあこんな感じの慌ただしい1年でした。

でも、何だか仕事が楽しい日々です。
たった一人で始めた頃が嘘のようです。

また、来年は忙しく忙しくなっていくのだろうけれど、とても楽しみでもあります。
店舗を作るのは大変でしょうが、再来年は更にもう一店舗作れるような気がしてます。
楽しく仕事をして、それが商売になっていくのは理想ですが、今は少しだけそれに近い気がします。

利益追求の姿勢が多分ちょっと他の会社と違うからだと思います。利益は当然追求しますが、楽しく稼ぐ事が大事です。ノルマで必死になって他人に迷惑をかけるような営業はもう古い!…と、偉そうに言えるように頑張らなければ!

うちの会社がこのままの純粋性を保ちながら大きくなっていったら、それは奇跡だと思います。
普通うちのような会社は先細っていくのが、これまでの世の習いでした。

でも、時代が大きく変わってきているのを私は感じます。
楽しくてもっと会社に居たくなるような、そんな会社、そんな働きかたが理想です。

そんな理想を実現するためには、雇用のスタイルを発明しなければな~と、ずっーと考えていましたが、自分の頭では発明なんてできませんでした。
ですがたまたま雇った人たちが、実は少し変わった雇用のスタイルにせざるえなかったのですが、ふたを開けたらそれがまあまあうまくいってるような感じに思います。このスタイルをこれから意識的に採用していけば、もしかすると会社にとっても、スタッフにとっても、お互いにとって良いwin win の関係になるのではないかと思っています。

頭の中のイメージっていつか、思いもよらぬ方法で実現していくのかも知れませんね。

ながーくなりましたが、今年1年を振り返ってみました。

来年が待ち遠しい!そんな大晦日です。

赤龍馬ハウジング忘年会



今年は何とも色々なことがありました。今年の頭は2人でやってましたが、いつの間にかスタッフは10人になっていました。何人かお断りをした方も居ますので、現在のスタッフは精鋭揃いです。
人が増えると大変なこともありますが、思っても見なかった事が起こったり、刺激は沢山あります。
今年の後半は本当にスタッフ達に助けられました。
更に私はそろそろ絵を描かないとならないので、こちらもまた大変なことになります。あ、更に2月には新店舗をオープンさせますので、これまたしんどい時間を
過ごさないとなりません。
まあ、そういったことも含めて、赤龍馬ハウジングは、不思議にも勢いを増しつつあります。
これもスタッフのお陰です。
私一人では何も出来ませんから。
さあ、少しだけ年末年始休んだらまたまた仕事仕事の日々です。
どんな年になるのか、来年が楽しみです!

山の手事情社さんの納会へ


昨夜は赤龍馬ハウジングのご近所に引っ越して来られた劇団山の手事情社の納会に呼ばれて参加してきました。
総勢30人はいる感じで、話をしてみると既に10年から25年もこの劇団にいる役者さんが結構いて驚きました。
役者、特に舞台俳優で長年生きていくこと自体大変なのに、同じ劇団にずっと所属し続けるというのも珍しい事だからです。
芝居の評価とは別だとは思うけど、とにかくこれだけの大所帯で30年近く続いている劇団というのもなかなか凄いと思います。あ、芝居も先日久しぶりに見たら、しっかり演劇をしていて面白かったです。
これからも同じ姿勢で続けて行って欲しいです。

ションベンはここに当てろ!(笑)


某役所のトイレに入ったら、男性用のトイレの便器に「当」( ! )の文字が!
なんだかバカにされてるような気がしないでもない…。ちや、馬鹿にされているに違いない!
と言うわけで、わざと的を外してしてしまう私でした(笑)←ひねくれもの

トンネルは真っ暗だそうです


トンネルは真っ暗…それが自然だよな。
この写真でトンネルの長さがわかると思う。よくこれだけのトンネルを掘ったものだ。手彫りのトンネルらしい…。

手彫りのトンネルの先にあるものは…


鎌倉の仙人のお宅にお邪魔してきました。車で向かった先は手彫りのトンネル!
ほとんど真っ暗!
普通の車なのでヒヤヒヤものでした。
で、トンネルを抜けると一昨日お会いしたファションの師匠の家がありました。
まるでホントの仙人のような生活に驚きました。
夜はこのトンネルは真っ暗だそうです。
毎日毎晩そこを歩いて生活している姿は、やはり浮世離れした仙人そのままです。

不気味なものを不気味と思わなくなってしまった…


よく見ると不気味な筈なのに、不気味と思わなくなってしまったのは何故だろう?
全てテレビでも見ているような感覚で現実を見るようになってしまったからだろうか?
或いは老眼が進んだからか?(笑)
いやまてよ、話は変わるが、目が悪くなると見えるものが変わり、つまり現実(現象)が変わるとなると、現実世界ってやっぱり薄っぺらだよな。

かつらをみてそんなことを思った(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。